車買取と下取りの違いとは

ディーラー下取りとは車をディーラーから新車を購入する際に、新車の値引き交渉に使用される車の売却方法です。

 

巷で言われている車買取とは車買取専門店で中古車を売る方法です。
車買取は少しでも多くの現金がほしい場合の売却方法です。
例えばA社の車に乗っていたあなたがB社の車に乗り換えたいとします。
ただB社では下取り価格があまりに安すぎてその後の交渉もうまくいきませんでした。
そんな時に、少しでも現金が手元に残る車買取で売る方を選んだりします。

 

車のディーラーさんでの下取り価格はお世辞にも高い価格であるとは言えません。
というのは、その後に控えている新車の購入に対する値引きを含めた取引になるからです。

 

ところで車買取専門店にはディーラーにはできない高額買取ができる理由があります。
それはマーケットの広さです。
車のディーラーは買った車をディーラーオークションに流します。これは同系列のディーラーのみが入札できる特殊なオークションです。これはディーラーで買取り可能なレベルの中古車があるという保証がついています。
一方、車買取専門店の場合、国内のオークション入札業者であればだれでも閲覧購入可能なオークションを利用しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ