事故歴修復歴アリの車の車査定

事故歴のある車、修復歴のある車は世の中に沢山あります。
ただまずは事故車修復歴アリがどういう基準なのかを理解しておきましょう。

 

しっかり決まっている事故車の基準とは

 

 

車に乗っていれば何らかしらの事故に遭遇してもおかしくありません。
ただ車査定においては事故車とは「交換不可能な部品を損傷していること」を指しています。

 

ちょっとだけバンパーを車庫にぶつけてしまったような車に対しては事故車として扱いません。

 

言葉の定義:事故歴と修復歴は同じ意味です

 

 

大きな事故を起こした時点で、車には事故歴が付きます。
そしてその損傷部分を直したら修復歴アリとなります。
要するに現状で走行に問題がない車に対しては、事故歴修復歴とも同じ意味となります。

 

修復歴にならない修復の場合もある

 

先ほど述べた交換不可能な部品の損傷とは、単純に付け外しが不可能な部品という意味です。
要するにバンパー、カナード、サイドミラーなの交換では修復歴アリとはなりません。

 

修復歴アリと傷アリとの差は?

 

修復歴アリの場合、元の形に戻す努力をいしている分、減点率が小さくなります。
傷アリは減点率が大きくなるため、査定額も大幅に変わっていきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ