走行距離がかさんでいる車の車査定

長年乗ってきた愛車を売りに出すとき、その年数に応じた走行距離がついてきます。

 

その走行距離がどのように車査定に影響を及ぼすか少し考えてみたいです。

 

走行距離の車査定における大まかな基準とは

 

 

車査定をする際に走行距離は大切なポイントです。
ところで、意外と知られていないことですが、使用経過年数相応の走行距離であればマイナス評価になりません。

 

例えば、年間12000キロを基準と考えて、10年乗っていれば120000キロ走行していて当然です。
この一定の基準よりも走行距離が多めの車となると当然のことながら減点されていきます。

 

走行距離は少ない方がいいのか・・

 

走行距離は少ないからといって査定額が上がることはありません。
むしろ基準走行距離に満たないような車の場合、機械の動的部分に問題があるとみなされてしまいマイナス評価になります。

 

メーター交換で正確な走行距離がわからない場合?

 

走行距離がわからない場合査定士は記録簿をたどって把握しようとします。
なお、記録簿がないばあい車検証に記載されている走行距離と実際のメーターの距離を照らし合わせます。

 

まとめ:走行距離が多いと当然にマイナス評価

 

確かに車の査定においてはユーザーがどれくらい献身的に車と向き合ってきたのか?どれくらいメンテナンスされてきたのか?が判断されます。
ただ単純に走行距離が多い車はやはりマイナス査定の対象です。

ホーム RSS購読 サイトマップ